どんな人に向いているのか

| 未分類 |

太陽光発電は、太陽電池という光のエネルギーを直接電気に変換する装置を用いて発電するシステムです。

 

日本は石油などのエネルギー資源が乏しいため、太陽光発電システムの設置時の補助制度や固定価格による電気の買取制度などにより、無尽蔵ともいえる太陽エネルギーの利用を積極的に進めています。

 

特に平成24年度からは、10kW以上の太陽光発電システムについては、発電した電力を全て電力会社に売ることができる制度もつくられました。

 

太陽光発電でつくられた電気は、電力会社に通常の電気使用料金より高く売電することができるため、全発電量を売電できることは、それまでの余剰電力のみを売電する手法に比べ大きな経済的メリットがあります。

 

また、余剰電力の売電では、高値の定額買取期間が10年ですが、産業用として全量売電する場合には定額期間が20年となり、長期に渡り安定した収入が見込めます。

 

しかし、現在の太陽光発電の能力では、10kW以上の発電には100平方メートル程の面積が必要であり、一般住宅では相当の大邸宅でないと屋根だけでこれだけの太陽電池モジュールは設置できません。逆に言えば10kW以上の太陽電池を設置できる場合は、非常にメリットが大きいので、車庫等の上を使用してでも積極的に全量買取となるようなシステムの導入を検討すべきでしょう。