» 未分類のブログ記事

太陽光発電は、その導入拡大に向けて国が補助を行っています。

 

一般の住宅に設置される太陽光発電は、3kWから4kWであり、余剰電力買取制度として、その補助金は、太陽電池モジュールやパワーコンディショナーなどの機器に加え、設置工事費用が対象となります。補助金額は太陽電池モジュールの公称最大出力の合計値から算出し、上限は9.99kWです。

 

10kW未満の機器設置は余剰電力の買取りと定められています。余剰電力買取り制度とは、家庭で使用して余った電力を電力会社が一定額で買い取る制度であり、その価格は家庭で使用する料金よりかなり高額に設定されており、概ね10年以内で設置費用がペイできる程度に設定されています。

 

10kW以上の設備については、余剰電力買取り制度以外に全量買取り制度の選択も可能となります。全量買取制度では、20年間定額で買い取ってもらうことができます。

 

全量買取制度を選択した場合には、補助金を受けることはできませんが、売電単価が余剰電力買取制度と同様に高額で、売電収入が大きくなるため、ほとんどの場合一般家庭でも全量買取を選択する方がお得となります。

 

しかし、一般の住宅で10kWを超える太陽電池を設置できるような屋根は少ないため、全量買取制度の対象となるようカーポートに太陽電池設置することも有効な選択肢となります。

 

補助金はもらえるの?

| 未分類 |

太陽光発電は国の方からも推奨しているので、一定の条件を満たすと補助金が出るようになります。

 

では一般の太陽光発電と比べると出るかというと、こちらも条件を満たせばしっかりと受けることができます。

 

その条件とは設置の際の発電容量を10kw以内に抑えることです。そうすれば国からの補助を受けることが出来ます。

 

また自治体でも使えるということがあるので、設置する前に自分が住んでいる地域で適用があるかどうかの確認はしておくとよいでしょう。それと10kw以内となっていますが、実際に10kw設置するとその後20年間は生成された太陽電気の買取期間とできるため、そちらのことも考えておくとよいでしょう。

 

ただ、注意することとしては単体ではなく増設で設置する場合です。この際に増設して10kwを超えてしまうとその時点で条件を満たすことができず適応されません。なので増設する際にはそれも含めて10kw以内に収まるか考える必要があります。そ

 

れと10kw以上となると適応がされはしないものの、電気の買取が長期間してもらえ、更には生成する電気の量的にもメリットがあるので、そのことも考えて補助を受けるか受けないかを考える必要もあります。

 

fishing01_l

固定資産税はかかるのか

| 未分類 |

駐車場のカーポートの屋根に太陽電池を取り付けることで発電を可能にします。
これは、本来利用の価値が無かった屋根に、太陽電池を取り付ければ、発電が出来て、更に電力会社に売電する事で電気代の節約につながると言うメリットがあります。
都心部などでは、自動車を数台所有していると言う人は少ないものの、地方などに行けば、一人一台という事もあり、広いカーポートを持つ家も多くなります。
一般的に、カーポートの屋根に太陽電池を取り付けて発電を行う場合、発電した電力を売電するためには、それなりの枚数が必要になりますので、屋根の広さや日照量など環境が必要になります。
既存のカーポートの屋根に太陽電池を数枚設置するとなると、屋根の耐久性が必要になります。
そのため、耐久性を向上させるための工事が必要になりますが、これからカーポートを作る場合、カーポート自体には固定資産税はかかりませんが、建築物と言う形になりますので、建ぺい率が問題になってきます。
土地には、それぞれ建ぺい率が有りますので、既存の建物の建ぺい率に応じた大きさのカーポートの建築が出来るという事になるのです。
そのため、既存の建物の建ぺい率に余裕があれば可能になるという事なのです。

設置できない場所はあるの?

| 未分類 |

太陽光発電システム導入の疑問として、そもそも「設置できない場所はあるの?」という質問を耳にします。
自然エネルギーで電気を作る、家計に優しい魅力的な商品で注目されている商品なので、気になっている方も多いのではないでしょうか。

 

「設置できない場所はあるの?」の答えは、「あります。」となります。

 

まず、第一条件としてスペースが問題となります。
太陽光発電システムは、太陽光パネルを何枚設置するかで発電量が異なってくるのですが、メーカーごとに、最低何枚以上設置できないと導入ができないという規定があります。
その最低枚数をクリアしていることが第一の条件となりますね。

 

次に、「影」が問題となります。
周りに高い建物があれば影になってしまう時間帯もありますね。
もし南側に高い建物があった場合は朝の時間と夜の時間しか発電が出来ず、太陽光発電パネルを大量に設置してもあまり効果が無い、ということになってしまいかねません。

では、設置できるかどうかをどのように判断すれば良いのでしょうか。
一番簡単なのは、販売店の方に見てもらうという方法です。

 

まずはそもそも設置が可能なのか、もし可能ならどれぐらい枚数が設置できてどの程度のメリットがあるのか、金額はどのぐらいになるのかを相談してみることをおすすめします。

飛行機03

 

 

相場価格はいくら?

| 未分類 |

実際に太陽光発電に関する機器を設置するのならまずはその相場を知らなければなりません。

 

そうでなければ適切な価格も分からず、尚且つそうした一般の方が適切な価格を知らないということに悪質な業者が付け込んでくるからです。

 

そうした詐欺にも合わないため知っておかなければなりません。

 

では普通の太陽光発電と比べるとどうかというと基本的に普通の太陽光発電と同じと考えればよいでしょう。が、それはただカーポート自体に設置するだけならの話で大抵はカーポートとセットで販売していることが多いです。セットとなると価格が必然的に高くなります。元からカーポートが存在する人ならよいですが、セットを考える方はそれだけ割り増しになることは承知しておきましょう。最もこうしたセットで売買されているものの中にはそうして利用者を惑わすことでぼったくりになるというものも多いです。

 

更にはカーポート自体が粗末な作りになっているという可能性もあるので、一般の太陽光発電の価格より明らかに高い場合には警戒をした方がよいでしょう。それとは逆に業者によってはサービスやキャンペーンで安価を実現しているというところもあるので、まずは見積もりが大事なのは変わりありません。

必要なスペースはどのくらい

| 未分類 |

太陽光発電は、太陽電池を使って太陽光などの光のエネルギーを直接電気に変換するシステムです。

 

太陽光発電の発電量は、太陽電池の設置面積に比例し、火力発電などのようなスケールメリットはありません。このため通常の火力発電のような大きな発電量を得るためには、広大な敷地を必要とすることになります。

 

また、太陽電池は、光のエネルギー全てを電気に変換できるわけではなく、現在一般に市販されている太陽電池モジュールの変換効率は2割以下であることから、1kWの発電システムには、10平方メートル程度が必要となります。

 

太陽光発電は、二酸化炭素などの温暖化ガスも排出しない環境負荷の小さな発電方式であり、エネルギー資源に乏しい日本にとっては国家戦略上も重要であるため、政府は積極的にその普及を進めています。補助金を出したり、電力会社に一定期間使用料金の倍近い高額でその電気を購入させるなどの推進策を実施しています

 

。一般家庭の屋根に設置されるシステムは4kW程度が多く、高額での買取期間は10年となりますが、10kW以上のシステムを設置した場合、高額での買取期間が2倍の20年となり大きなメリットがあります。

???? Vol.107 ?????????????

 

またこの場合は、家庭で使用した後の余剰電力だけでなく、発電量全てを売却することができます。屋根や車庫なども含め、適切な日照のある大きなスペースが概ね100平方メートル以上あれば、メリットの大きい全量買取制度が利用可能となる10kW以上のシステムの導入を検討すべきでしょう。

導入を阻む問題とは

| 未分類 |

住宅の屋根に太陽電池を設置できない場合、屋根に設置をし、更に発電量を多くしたい場合にカーポートの屋根部分に太陽電池を設置することで、発電を可能にします。
また、既存の住宅の屋根の上に設置された太陽電池にプラスアルファで発電を可能にすると言うメリットがあります。
住宅の土地の中であれば、どこに設置をしても良いわけですが、太陽光発電には太陽の光がきちんと当たると言う事が必要最小限の条件となりますので、隣の家の影になる場所に設置をしても意味がありません。

 

住宅の敷地の中で日当たりが良いカーポートが在れば、その屋根に設置することで発電を可能にしてくれるのです。

 

最近は、カーポートの屋根に太陽電池があらかじめ設置されているような製品も有りますが、既存のカーポートの屋根部分に太陽電池を設置する場合は、時間帯により影にならないという事や、屋根に太陽電池を設置するための補強工事という事が必要になってきます。
屋根の上と言うのは、本来物を乗せるための場所ではありませんので、耐久性において不安も出てきます。

 

また、太陽電池を何枚乗せるのかによっても補強の仕方などが変わることになります。
それと、太陽電池と太陽の位置と言うものも重要で、出来る限り南に向くように設置をし、カーポートの屋根の傾斜角度を30度に近づけることがポイントになります。

導入したら・・・利点

| 未分類 |

太陽光発電システムを導入する事で、余剰電力を電力会社に売電する事で、それが売電収入と言う形になり、電気代を節約する事が出来ると言うメリットが在ります。
太陽光発電は、太陽の光エネルギーを電気エネルギーに変換する仕組みになっていますので、日中のみしか発電を行う事が出来ません。
しかし、日中電気を殆ど使わない場合には、発電した電気量の多くは余剰電力になりますので、その分電気代を節約する事にも繋がるのです。

 

因みに、発電には太陽庫発電の他にも、ガスを利用して電気を発電するものなどもあります。
これと太陽光発電の2つを導入する事でW発電と言う形になり、発電量は多くなりますので、地球環境への貢献度は高くなると言うメリットがあるのです。

 

因みに、W発電には電気自動車や蓄電池と言った設備も対象になると言います。
しかし、電気自動車は発電をしませんし、蓄電池は充電を行う設備であり、発電ではないのです。

 

また、W発電になる事で、売電における単価は変るのです。
太陽光発電のみの場合、1kWあたり38円(2013年の場合)になりますが、W発電の場合は1kWあたり31円になり、売電の単価は少なくなります。

 

発電量が多い分売電単価は少なくなりますが、それだけ地球環境に対しての貢献度が高くなると言うメリットがあるのです。

???? Vol.107 ?????????????

どんな人に向いているのか

| 未分類 |

太陽光発電は、太陽電池という光のエネルギーを直接電気に変換する装置を用いて発電するシステムです。

 

日本は石油などのエネルギー資源が乏しいため、太陽光発電システムの設置時の補助制度や固定価格による電気の買取制度などにより、無尽蔵ともいえる太陽エネルギーの利用を積極的に進めています。

 

特に平成24年度からは、10kW以上の太陽光発電システムについては、発電した電力を全て電力会社に売ることができる制度もつくられました。

 

太陽光発電でつくられた電気は、電力会社に通常の電気使用料金より高く売電することができるため、全発電量を売電できることは、それまでの余剰電力のみを売電する手法に比べ大きな経済的メリットがあります。

 

また、余剰電力の売電では、高値の定額買取期間が10年ですが、産業用として全量売電する場合には定額期間が20年となり、長期に渡り安定した収入が見込めます。

 

しかし、現在の太陽光発電の能力では、10kW以上の発電には100平方メートル程の面積が必要であり、一般住宅では相当の大邸宅でないと屋根だけでこれだけの太陽電池モジュールは設置できません。逆に言えば10kW以上の太陽電池を設置できる場合は、非常にメリットが大きいので、車庫等の上を使用してでも積極的に全量買取となるようなシステムの導入を検討すべきでしょう。