固定資産税はかかるのか

| 未分類 |

駐車場のカーポートの屋根に太陽電池を取り付けることで発電を可能にします。
これは、本来利用の価値が無かった屋根に、太陽電池を取り付ければ、発電が出来て、更に電力会社に売電する事で電気代の節約につながると言うメリットがあります。
都心部などでは、自動車を数台所有していると言う人は少ないものの、地方などに行けば、一人一台という事もあり、広いカーポートを持つ家も多くなります。
一般的に、カーポートの屋根に太陽電池を取り付けて発電を行う場合、発電した電力を売電するためには、それなりの枚数が必要になりますので、屋根の広さや日照量など環境が必要になります。
既存のカーポートの屋根に太陽電池を数枚設置するとなると、屋根の耐久性が必要になります。
そのため、耐久性を向上させるための工事が必要になりますが、これからカーポートを作る場合、カーポート自体には固定資産税はかかりませんが、建築物と言う形になりますので、建ぺい率が問題になってきます。
土地には、それぞれ建ぺい率が有りますので、既存の建物の建ぺい率に応じた大きさのカーポートの建築が出来るという事になるのです。
そのため、既存の建物の建ぺい率に余裕があれば可能になるという事なのです。