導入を阻む問題とは

| 未分類 |

住宅の屋根に太陽電池を設置できない場合、屋根に設置をし、更に発電量を多くしたい場合にカーポートの屋根部分に太陽電池を設置することで、発電を可能にします。
また、既存の住宅の屋根の上に設置された太陽電池にプラスアルファで発電を可能にすると言うメリットがあります。
住宅の土地の中であれば、どこに設置をしても良いわけですが、太陽光発電には太陽の光がきちんと当たると言う事が必要最小限の条件となりますので、隣の家の影になる場所に設置をしても意味がありません。

 

住宅の敷地の中で日当たりが良いカーポートが在れば、その屋根に設置することで発電を可能にしてくれるのです。

 

最近は、カーポートの屋根に太陽電池があらかじめ設置されているような製品も有りますが、既存のカーポートの屋根部分に太陽電池を設置する場合は、時間帯により影にならないという事や、屋根に太陽電池を設置するための補強工事という事が必要になってきます。
屋根の上と言うのは、本来物を乗せるための場所ではありませんので、耐久性において不安も出てきます。

 

また、太陽電池を何枚乗せるのかによっても補強の仕方などが変わることになります。
それと、太陽電池と太陽の位置と言うものも重要で、出来る限り南に向くように設置をし、カーポートの屋根の傾斜角度を30度に近づけることがポイントになります。