導入したら・・・利点

| 未分類 |

太陽光発電システムを導入する事で、余剰電力を電力会社に売電する事で、それが売電収入と言う形になり、電気代を節約する事が出来ると言うメリットが在ります。
太陽光発電は、太陽の光エネルギーを電気エネルギーに変換する仕組みになっていますので、日中のみしか発電を行う事が出来ません。
しかし、日中電気を殆ど使わない場合には、発電した電気量の多くは余剰電力になりますので、その分電気代を節約する事にも繋がるのです。

 

因みに、発電には太陽庫発電の他にも、ガスを利用して電気を発電するものなどもあります。
これと太陽光発電の2つを導入する事でW発電と言う形になり、発電量は多くなりますので、地球環境への貢献度は高くなると言うメリットがあるのです。

 

因みに、W発電には電気自動車や蓄電池と言った設備も対象になると言います。
しかし、電気自動車は発電をしませんし、蓄電池は充電を行う設備であり、発電ではないのです。

 

また、W発電になる事で、売電における単価は変るのです。
太陽光発電のみの場合、1kWあたり38円(2013年の場合)になりますが、W発電の場合は1kWあたり31円になり、売電の単価は少なくなります。

 

発電量が多い分売電単価は少なくなりますが、それだけ地球環境に対しての貢献度が高くなると言うメリットがあるのです。

???? Vol.107 ?????????????