必要なスペースはどのくらい

| 未分類 |

太陽光発電は、太陽電池を使って太陽光などの光のエネルギーを直接電気に変換するシステムです。

 

太陽光発電の発電量は、太陽電池の設置面積に比例し、火力発電などのようなスケールメリットはありません。このため通常の火力発電のような大きな発電量を得るためには、広大な敷地を必要とすることになります。

 

また、太陽電池は、光のエネルギー全てを電気に変換できるわけではなく、現在一般に市販されている太陽電池モジュールの変換効率は2割以下であることから、1kWの発電システムには、10平方メートル程度が必要となります。

 

太陽光発電は、二酸化炭素などの温暖化ガスも排出しない環境負荷の小さな発電方式であり、エネルギー資源に乏しい日本にとっては国家戦略上も重要であるため、政府は積極的にその普及を進めています。補助金を出したり、電力会社に一定期間使用料金の倍近い高額でその電気を購入させるなどの推進策を実施しています

 

。一般家庭の屋根に設置されるシステムは4kW程度が多く、高額での買取期間は10年となりますが、10kW以上のシステムを設置した場合、高額での買取期間が2倍の20年となり大きなメリットがあります。

???? Vol.107 ?????????????

 

またこの場合は、家庭で使用した後の余剰電力だけでなく、発電量全てを売却することができます。屋根や車庫なども含め、適切な日照のある大きなスペースが概ね100平方メートル以上あれば、メリットの大きい全量買取制度が利用可能となる10kW以上のシステムの導入を検討すべきでしょう。